すっきりやさしい乳酸菌の飲み方!効果的な使い方

サプリメントも飲み方、取入れ方一つで効果が大きく変わってきます。

今回はすっきりやさしい乳酸菌の効果をより実感出来るような飲み方、飲む際の注意点や飲むタイミングなどについてまとめてみました。

すっきりやさしい乳酸菌の一般的な飲み方

すっきりやさしい乳酸菌は小さなカプセル型のサプリメントで、1日1粒を目安自分の好きなタイミングで水またはぬるま湯で飲んでください。

本来乳酸菌は胃酸によって死んでしまうという理由で食後が適しているのですが、すっきり優しい乳酸菌は胃酸に溶けず腸で溶ける特殊なカプセルで出来ています。なので食前食後問わず飲むことが出来ます。

水またはぬるま湯で!

薬を飲むときも同じですが、必ず水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

小さいから飲み物なくても飲めちゃうよ!という人もいると思いますが、水またはぬるま湯飲みやすくする為ではなく食道などにくっつかないようにする為なのです。

とくにカプセルは錠剤に比べ食道にくっつきやすいので注意が必要です。

すっきりやさしい乳酸菌のココが良い!

カプセルは錠剤に比べて少し大きめなイメージがあると思います。ですが、すっきりやさしい乳酸菌の大きさは90mmでとても飲みやすく作られています。

一般的なサプリメントのサイズは約110mm、海外だと250mm!比較すると小ささがより分かりますね。

これなら錠剤・カプセルが苦手な女性でも簡単に飲むことが出来ます。

小さいカプセルだからパッケージもコンパクトで持ち運びしやすくなっています。

すっきりやさしい乳酸菌の効果的な飲み方

飲み方はただ好きな時間に飲めばいい!ということが分かりましたが、それではちょっと疑問や不安に思う人もいると思います。

なので乳酸菌を摂取する上でより効果を出す為の効果的なことを紹介します。

食べ物との組み合わせ

すっきりやさしい乳酸菌は1粒に約1兆個もの乳酸菌が含まれています。ただ全てが腸に行きわたって働くわけではありません。

乳酸菌がより活発に活動できるようにするにはエサが必要になり、主に水溶性食物繊維オリゴ糖です。

・食物繊維=海藻類やキノコ類、野菜など

・オリゴ糖=お味噌や大豆、にんにく・ごぼうなど

この2つの栄養素は乳酸菌の大好物です!

普段の食事で乳酸菌が取れないからサプリメントを選んでいるのに食事まで気にしなきゃいけないの?と眉をひそめる人もいるかもしれません。

でも食事は毎日するものですよね、そこに食物繊維・オリゴ糖のことをちょっと気にするだけでいいのです。

例えばお味噌汁を一品加えてみる、野菜サラダじゃなくて海藻の入っているものに変えてみるなどちょっと工夫をしてみましょう。

すっきりやさしい乳酸菌の口コミ

効果的に使うために注意する事

より効果を出すには気を付けておきたいことも多々あります。

ここでは効果的に使う為に守ってほしい、注意したいことを簡単にまとめてみました!

毎日飲む

乳酸菌は生きたまま腸に届いてもずっとそこに居続けるわけではありません。

今までの研究でも腸にとどまり続けるという結果は出ていません。

なので毎日摂取することが大切です!

乳酸菌によって増える善玉菌は乳酸菌が無くなってしまうとすぐに減少、悪玉菌が増殖してしまいます。

善玉菌はもともとの量も少ない為一度減ってしまうと悪玉菌にやられてしまいます。

常に腸内に乳酸菌を送って善玉菌を減らさないようにしましょう。

お腹を冷やさない

お腹が冷えているとだと血流が悪くなり、同時に腸の動きも悪くなります。

そうするといくら乳酸菌を取り入れても上手く菌が増えず悪玉菌の量に負けてしまいます。

冷たい飲み物は避けて常温、もしくは温かい飲み物を積極的に摂って体を冷やさないようにしましょう。

食事でも摂取

先ほども書いたようにサプリメントだけでなく食事もたくさんの乳酸菌、乳酸菌と組み合わせのよい食事を心がけましょう。

ヨーグルトチーズは乳酸菌の含む食品として定番ですよね!毎日食べ続けるのは大変ですが、ちょっとお菓子が食べたい時・おつまみなどの選択肢に入れてみるのもいいのではないでしょうか。

そして意外と知られていないのが「キムチ」です。キムチもヨーグルトと同じくらいの乳酸菌を含む商品です。

体を温めるカプセイシンの効果もあり一石二鳥の食品です。

中身だけ飲むのはNG

カプセルが苦手だからと言って中身だけを飲むのはダメです!

中身だけを飲むこと自体悪いことではないのですがカプセルには胃酸から守り、腸まできちんと行きわたらせる特殊なカプセルを採用しています。

中身だけ飲んでしまうと腸まで届かずに効果が出ない場合もありますので、カプセルのまま飲みましょう。

すっきりやさしい乳酸菌の口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする