Viage(ヴィアージュ)ウエストシェイパーの危険性や副作用について徹底調査!

Viageウエストシェイパーは、女性らしいメリハリのあるボディを作ってくれる補整下着です。しかし、その強い補整力が故に、身体に負担を感じる人もいます。

今回は、Viageウエストシェイパーにどのような危険性や副作用はあるのか、Viageウエストシェイパーは安全かどうかを徹底解説します。

Viageウエストシェイパーの効果

二重の強圧編みで、ウエスト・下腹・腰肉・背肉・ヒップを補整

Viageウエストシェイパー適切な圧力のかかる強圧編みで、寝ている間でもウエストのくびれをつくってくれます。

無駄なお肉を移動させメリハリボディをつくる

女性の脂肪は、流動性が高いため、Viageウエストシェイパーで補整し続けることで、徐々にウエストや腰回りの無駄なお肉を、バストやヒップにもってくることができます。

Viageウエストシェイパーの危険性

Viageウエストシェイパーは締め付けがきつすぎる!?

Viageウエストシェイパーの補整力の秘密は、二重の強圧編みです。美しいウエストラインを作るため、特に下腹、腰肉をしっかり押さえ履くだけでウエストが細くなる仕様です。

ただし、これは痩せる効果がある、というわけではなく、あくまでウエストに圧を加えることで、理想の体型に補整しています。

そのため、感じ方は個人差はありますが、締め付けをきつく感じてしまう人もいます。

どれほどの圧力かというと、Viageウエストシェイパーの公式サイトでは、履いて寝るだけで、ウエストがマイナス6㎝になると紹介しています。

この補整力はとても嬉しいですが、少し考えてみると、自分のウエストを6㎝細くするって、どれだけすごい力で抑えられてるの!?という感じがしませんか。

補整力が高いということは、それだけ強力な圧がかけられているということです。

ただし、実際に履いてみると、ウエストだけを締めつけるわけではなく、胸下からヒップまで、ちょうどよい圧でバランスよく補整してくれるので、見た目ほどの圧迫感はありません。

それでも、締め付け感が苦手な人にとっては、慣れるまで少々辛いでしょう。

出産後すぐの使用は危険

Viageウエストシェイパーを使用する上で、最も注意が必要なのは、出産後すぐの使用です。

早く体型を戻したいという思いから、産後にウエストシェーパーを使いたいという意見を見かけますが、公式サイトによると、産後1ヶ月は悪露(子宮内に残った胎盤や卵膜、血液などが混じりあった分泌)が出るなど、出産の影響が体に残っているため、ウエストを締め付けることは良くありません。

無理に身体を締め付けてしまると、身体に負担がかかるため、医師に相談しながら様子を見て、産後1~2か月は使用するのを待った方がよいそうです。

Viageウエストシェイパーに限らず、過度な負担がかかる補整下着を産後に使用することは避けましょう。

Viageウエストシェイパーはワンサイズしかない

Viageウエストシェイパーのサイズは、M-Lサイズ(ヒップサイズ:84~96cm、ウエストサイズ:62~73cm)のワンサイズで、伸縮性が高く、多くの人の体型に合うように作られています。

しかし、やはりもともとの体格や感じ方には、個人差がありますので、購入前に、サイズは確認しましょう。

無理に着用し続けると、正しい効果を得られないだけでなく、体調不良になる可能性もあります。

Viageウエストシェイパーは肌あれする!?

ウエストシェーパーや燃焼系のインナーなど全般に通じる問題ですが、長時間着用すると、かゆみを感じたり、汗で肌がかぶれたりすることがあります。

Viageウエストシェイパーの材質は、ナイロン89% ポリウレタン11%なので、化学繊維でかぶれたことがある人は、注意が必要です。

また、女性の肌はとてもデリケートで、ちょっとした体調の変化で、いつもより敏感になることもあるため、「今までは大丈夫だったけど、今日は何か変だな」ということもあります。こうした場合も、一旦着用を中止しましょう。

Viageウエストシェイパーの口コミ

Viageウエストシェイパーで副作用の報告はある?

Viageウエストシェイパーは、副作用の報告はありませんが、締め付けがきついという口コミや、肌が赤くなったという口コミはあります。

肌に赤みがでた 30代女性の口コミ

ルーナプレミアムの悪口コミ

着用した翌日、肌が赤くなってかゆみが出てきました。

長時間着用しないと効果がでないのに、これはひどい。

きつくて履けない 40代女性の口コミ

ルーナプレミアムの悪口コミ

商品が届いて、早速着用してみようとしたのですが、きつくて履けません。返品もできないためとても悔しいです。

何故安全なのか?

部位ごとに適切な圧力で調整されている

Viageウエストシェイパーは、女性の身体をより美しくするため、必要な部位はしっかり締めますが、鼠蹊(そけい)部のようにリンパ節のある部位は締め付けを緩やかにし、健康上問題がないよう配慮されています。

ただし、産後など、腹部に圧をかけることが負担になる時期は配慮が必要です。

肌に合わない場合は使用しない

Viageウェストシェイパーで、かぶれを起こす可能性があることについては、残念ながら、使用者が自身で気を付けるしかありません。

過去にナイロンやポリウレタンでかぶれたことのある人は、使用を避け、使用中に異常を感じた場合は、使用を中断しましょう。

ナイロンやポリウレタンのインナーは、汗でかぶれやすくなるため、夏場や運動時の着用は避け、汗をかいた後は長時間放置しないなどの工夫で、リスクを下げることは可能です。

Viageウエストシェイパーの口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする