スリープスレンダーナイトの最安値はどこ?楽天やAmazonを徹底調査!

スリープスレンダーナイトを最安値で購入するには、どこで購入すれば良いのでしょうか?

公式サイト以外にも、楽天やAmazon、市販のお店でも販売されているのか?詳しく調査してみました!

スリープスレンダーナイト 楽天で購入できるのか?

2018年3月時点で楽天で購入することはできません。

一番安くお得に購入できるのは、公式サイトとなります。

単品では2980円+送料ですが、3つからは送料無料となります。

スリープスレンダーナイト Amazonで購入できるのか?

2018年3月時点でAmazonで購入することはできません。

公式サイトで購入すると、3つ以上購入で送料無料、さらには5つ購入するとおまけでもう1個ついてきます。

スリープスレンダーナイト 市販のドラッグストアで購入できるのか?

ドラッグストアや大型ショッピングモール、デパートなどで購入することはできませんでした。

お取り寄せ等も行っていないようです。

スリープスレンダーナイトの口コミ

スリープスレンダーナイトが楽天やamazonで買えたなら…

スリープスレンダーナイトを楽天で買うメリット

ポイントを溜めて使える

楽天では常にポイントを溜めることができ、ポイントを使うことができます。

通常100円で1ポイント溜めることができ、元々ポイントをもっていたら1ポイント1円で使用することができます。

購入がスムーズ

楽天会員の場合、住所やクレジットカードがすでに登録されている場合がほとんどです。

そのため、ボタン一つで購入することができるので、とても楽です。

口コミを見ることができる

楽天にはレビュー制度があり、生の購入者の声を聞くことができます。

スリープスレンダーナイトがamazonで買えるときのメリット

Amazonポイントの使用

Amazonのポイントを使用することができます。

しかしAmazonポイント自体を溜めるのが難しく、全ての商品にポイントがつくわけではありません。

受け取りを変更できる

これも商品によりますが、近くのコンビニ受け取りを出来る商品があります。

出先や旅行中でもすぐに受け取ることができ、家族に見られるのが恥ずかしい場合もこっそりうけとることができるため、安心です。

オプションで次の日に配送してもらえる

Amazonプライム会員の場合、または有料オプションをつけることで、次の日までに商品を受け取ることができます。

しかしお住まいの地域によっては、このオプションを使えない場合もあるため、注意が必要です。

スリープスレンダーナイトの楽天での購入時のデメリット

公式サイトほどお得感が無い

公式サイトでは、5つ購入するとなんと特典で1つついてきます。

さすがに楽天で購入できるようになったとしても、ここまでのお得な特典は出来ないかと思われます。

送料無料になるかはショップ次第

楽天はショップごとに運営は異なります。

全品送料無料の所もあれば、合計金額が10000円以上で送料無料という場合もあります。

スリープスレンダーナイトがamazonで購入できる場合に考えられるデメリット

公式サイトほど安くない

こちらも楽天と同じように、公式サイトほどお得に購入できるようになるのは、Amazonと言えども難しいと思われます。

ポイントがとても溜まりにくい

amazonはポイントがとても溜まりにくく、キャンペーンがやっていない限り、全商品にポイントが付くわけではありません。

オプションは別料金

お急ぎ便は 360円、当日お急ぎ便 514円となります。

プライム会員の場合は無料ですが、月額料金3900円かかってしまいます。

最安値で一番安全に購入できる方法

複数購入がお得

最安値でお得に購入できるのは、やはりスリープスレンダーナイトの公式サイトです。

単品購入では、2980円プラス送料となりますが、3つ以上購入することで送料と代引き手数料が無料となります。

さらに5つ購入では送料代引き手数料が無料、さらにもう一つ同じ商品がついてきます。

6つで14900円となっており、5つ分の値段で6つ購入することができます。

単品購入で2980円が5つセットで購入することで、1つあたり約2483円で購入することができます。

マイナス20キロ以上の減量を目指している方、さらに長期でスリープスレンダーナイトを使用しようと考えている人には、複数買いをおすすめします。

不良品の場合は交換可能

原則購入者都合による返品交換はできませんが、不良品や欠陥品の場合は交換に応じてくれます。

その際はサポートセンターに7日以内に連絡をしてください。

スリープスレンダーナイトの口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする