カーヴィーフィットの効果的な着方・使い方は?

加圧インナーNo.1ブランドで満足度も95.2%と高い評価を受けている『カーヴィーフィット』。

ここでは、カーヴィーフィットの効果を最大限に発揮する着方・使い方を詳しく解説していきます。

また、効果的に使うために抑えておきたいポイントもご紹介しますので、カーヴィーフィットでスリムボディをゲットしたい人は必読です!

カーヴィーフィットの一般的な着方・使い方

まず、カーヴィーフィットの正しい履き方をご紹介します。カーヴィーフィットは次の3Stepで着用しましょう。

Step1

インナーに足を通して爪を立てないように注意しながら履いていきます。人体工学に基づいてウエスト部分に最も適切な加圧がかかるように計算されているので、バスト・ウエスト・下腹の部分にしっかり合うように着用してください。

Step2

カップの中にバストが収まるように着用します。

Step3

前かがみになり、背中やワキ周りの肉をカップの中に流していきます。着用時にバストをしっかりとカップに収めることで美しいバストラインを作ることができます。

カーヴィーフィットの一般的な使い方

一般的には日中にカーヴィーフィットは着用します。慣れないうちは数時間の着用からスタートして、徐々に着用時間をのばしていきましょう。

カーヴィーフィットの効果的な着方・使い方

日中・就寝中ずっと着続ける

カーヴィーフィットの効果をできるだけ早く得たいという方は、日中だけでなく就寝中もずっと着続けるようにするのがおすすめです。

夜寝ている間も着用していると、単純に日中しか着ていない人と比べて2倍も長い時間着ているということになります。

ということは、効果も日中しか着ていない人と比べ半分の期間で現れてくるということになります。

日中にカーヴィーフィットを着用することで姿勢を正して猫背などを改善できますし、夜寝ているときに着用することでナイトブラのような働きが期待できます。

ずっと着続けることができるようにカーヴィーフィットは設計されていますので、日中・就寝中着続けることで効果を実感してみてください。

姿見でフィットしているかチェック

カーヴィーフィットの効果を最大限に引き出すためにはバスト・ウエスト・下腹の部分にしっかり合うように着用することが大切です。

そうすることでウエスト部分をしっかりと引き締め、背筋を伸ばして正しい姿勢をキープすることができ、上向きの美しいバストを作り出すことができます。

このようなカーヴィーフィットの効果を得るためには、バスト・ウエスト・下腹の部分にきちんとフィットしていなければなりません。

なので、着用後は毎回姿見で念入りにチェックして、余分な肉が出ている部分はきちんと正しい位置に動かしましょう。

効果的に使うために注意する事

自分に合ったサイズを選ぶ

カーヴィーフィットに限らず加圧インナー全般に言えることですが、加圧効果を最大限に引き出すためには自分に合ったサイズを選ぶことが何よりも大切です。

サイズが大きすぎて引き締めたい部分に最適な加圧がかからないと本来の効果を得ることはできません。

カーヴィーフィットのサイズはMがバスト79~94cm・ウエスト60~77cm、Lではバスト86~101cm・ウエスト68~85cmです。

自分の現在のバストとウエストのサイズを確認したうえでサイズを選ぶことで、カーヴィーフィットの効果を最大限に得ることができるようになります。

カーヴィーフィットは足から履くためお尻を通るか心配な方もいるかもしれません。

ヒップサイズの目安はMが~94cm・Lが~101cmとなっていますので、お尻が大きいという方はヒップサイズも考慮したうえでサイズを選ぶようにされてください。

夜はパッドを入れてブラトップとして着用

日中だけでなく夜寝ているときにもカーヴィーフィットを着用することでウエストの引き締め効果が表れやすくなります。

夜寝るときに着用する場合に気を付けてほしいのがバストのパッドを忘れずに入れるということ。パッドを入れ忘れてしまうと寝ている間にバストがつぶれてしまったり、カタチが崩れてしまったりするかもしれません。

カーヴィーフィットはパッドを入れることでブラトップにもなりますので心地よい締めつけのなかでリラックスして眠ることができますよ。

推奨されている洗濯方法は手洗い

カーヴィーフィットを毎回洗濯機で洗ってしまうと、加圧力に大きな影響を与える弾性繊維が傷んでしまい加圧効果が得づらくなっていきます。そのため、高い加圧効果を維持するために手洗いをすることが勧められています。

洗濯する回数をできるだけ減らすことで加圧力が低下してしまうのを避けようと考える方もいるかもしれませんが、汗を吸った状態で連続使用していると生地の傷みが余計に早くなります。

なので、毎日きちんと交換しましょう。常に清潔な状態のカーヴィーフィットを着用するようにしてください。

どうしても洗濯機を使うという場合には、洗濯ネットに入れて手洗いコースやおうちクリーニングで洗うようにしましょう。洗濯機で洗う際には柔軟剤を使用しないでください。

加圧力が低下してきたら買い換え

使用状況によってカーヴィーフィットの生地の消耗は異なりますが、着脱を繰り返していると徐々に加圧効果が低下してきます。

明確な使用回数や期限といったものはありませんが、加圧効果が低くなってきたと感じてきたら買い換えすることをおすすめします。

カーヴィーフィットの口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする