スキニーレッグのサイズと選び方のポイント!

履くだけで、誰でも簡単にモデル級の美脚が目指せると話題のダイエットレギンス「スキニーレッグ」。

そんなスキニーレッグは生地の伸縮性による加圧によってダイエット効果が得られる商品なので、サイズが合わないとキチンと効果が発揮されないこともあるそうです。

せっかくお金を払って購入したものが使えないのは悲しいので、当記事でスキニーレッグの正しいサイズ選びについて勉強してみましょう!

スキニーレッグのサイズ

スキニーレッグのサイズについては以下の通りとなります。

☆フリーサイズ

☆目安は普通の服のM~L寸程度

スキニーレッグはフリーサイズのみとなっていますので、基本的にサイズ選びに悩む必要はありません。

フリーサイズにははっきりとしたサイズの定義はありませんが、スキニーレッグの場合だと、大凡M-Lサイズが適当とのことです。

ただし、このフリーサイズに適応しない体型の方には、スキニーレッグは使用できない可能性があります。

とはいえ、同品は非常に伸縮性が高いため、多くの日本人女性の体型に、問題なく合うのではないでしょうか。

スキニーレッグのサイズが合わなかった場合に起こりうる事

ダイエット効果が得られない

スキニーレッグは適度な着圧でダイエット効果のあるツボを刺激したり、骨盤を無理なく矯正して体型改善に繋げていく商品です。

そのため、サイズが大きすぎても小さすぎても適切な加圧効果が得られず、ダイエット効果などが大きく半減したり、場合によっては逆効果となってしまう可能性もあります。

体調に悪影響がある

スキニーレッグのサイズが小さいものを無理に着用し続けると、着圧によって筋肉傷めたり体調を崩してしまう危険性があります。

また、サイズが大きく布と身体に隙間が多くあると、肌が布に擦れて乾燥肌荒れなどを引き起こすことも考えられます。

動きにくい

スキニーレッグのサイズが小さすぎるという場合、関節の動きを締め付けが邪魔して、日中の活動や睡眠中の寝返りなどを阻害してしまいます

これでは運動効率も悪くなってしまいますし、寝不足による代謝の低下などにも繋がってしまうため、ダイエットにとっては大きな障害となってしまいます。

見た目が悪い

スキニーレッグは下半身を矯正しながらダイエットを図る商品なのですが、サイズが小さすぎるとお肉がレギンスの中に収まらないため、ぜい肉が凸凹と盛り上がって見えてしまいます。

そうなると見た目も悪く、当然スカートやショートパンツには合わせられませんし、厚手のジーンズなどでもはみ出したお肉目立ってしまいます

スキニーレッグはお洒落着にも使えるデザインも人気の理由の一つなので、これでは同品の魅力も半減してしまいます。

サイズが合わない場合の返金、返品について(ここは簡潔に)

スキニーレッグは購入者都合による返金や返品は不可となっているので、サイズが合わないという場合にも、返品や返金には応じてもらえません

返金に応じて貰えるケース

☆商品の初期不良

☆届いた商品内容に間違いがある

スキニーレッグの返品や返金が可能なのは、上記のようなメーカー不備による場合のみとなっています。

万が一届いた商品に不備があったという場合には、商品到着から7日以内にメーカーにメールか電話で連絡をすると、返金や交換をしてもらえます。

スキニーレッグのサイズ選びのポイントと注意点

サイズは少し余裕を持って選ぼう

スキニーレッグは非常に伸縮性が高く、履いていない状態ではとても小さく見えますが、履くときには良く伸びて身体にピッタリとフィットしてくれます。

ただ、生地が元の大きさに戻ろうとする反発力がやや強いので、体型的には少し小柄の方の方がサイズは合わせやすいです。

とはいえ、もちろんフリーサイズの適応内であれば問題なく着用できます。

しかし、サイズ上限ギリギリよりは、少し大きさに余裕を持っておいた方が、サイズ選びを失敗するリスクを軽減できるでしょう。

今ある服のサイズを測ってみよう

服は長く着ていると元のサイズと変わってしまうこともあるため、キチンと現状の体型を確認するために、改めて自分のウエストヒップの大きさを測ってみましょう。

その際に簡単な方法なのが、手持ちのパンツなどの中で最も自分の体型に合っているものをピックアップし、ウエストとヒップの横幅を測り、それをそれぞれ2倍する方法です。

例えば服のウエストが横幅40cmであれば自分のウエストは約80cm、服のヒップが横幅50cmであれば自分は100cmとなります。

下着を履くことを想定してサイズ選びをしよう

スキニーレッグの下には、下着を履いても履かなくてもどちらでも構いませんが、お肌が弱い方は繊維かぶれなどを防ぐため、下着は履いた方が安心できます。

その場合、薄いショーツなどの場合はそこまでサイズに差違はでませんが、冬用の下着などだとどうしても着膨れしてしまいます。

そのため、スキニーレッグは下着を履くことを想定して、ややサイズに余裕を持って選ぶことをオススメします。

スキニーレッグの口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする