スキニーレッグの履き方!脚痩せ効果を得る為の注意点!

履くだけで脚やせができると話題の「スキニーレッグ」ですが、使い方を間違えると、そのダイエット効果を満足に得られないこともあるんだとか。

そこで今回は、そんなスキニーレッグを効果的に使う方法と、同品で脚やせに失敗してしまわないための注意点をまとめてみたいと思います。

スキニーレッグの一般的な使い方

スキニーレッグは基本的に夜寝るときにだけ履けば良く、履き方も普通のレギンスと同じように履けば問題ありません。

レギンスが歪んでいると、上手く加圧効果が得られないこともあるので、スキニーレッグの正面をしっかりと身体の中心に合わせ、歪みシワは直しながら履いていきましょう。

スキニーレッグの効果的な使い方

運動を加えるとダイエット効率アップ!

スキニーレッグは特別なトレーニング無しでも痩せられるのが魅力の一つですが、やはり多少運動をした方が、早く確実に脚やせしていくことが可能です。

特に、下半身の血行を高めたり筋力を鍛えることで、脚の血液のポンプ機能が高まるので、ウォーキングスクワットなどの下半身を使う運動がオススメです。

日中にも使用する

スキニーレッグを履いていると、少しの運動量でも多くのカロリーを消費できるようになるので、活動量の多い日中にも使用すると更なる効果が見込めます。

スキニーレッグは伸縮性が高く、日中の動きを阻害することも無いので、どんな時間帯に履いても使いやすいと思います。

入浴中にも履いてみる

脚のむくみ取りに非常に効果的な使い方として、湯船に浸かる時にスキニーレッグを履くという方法があります。

湯船のお湯の水圧で汚れた血液が流れやすくなったり、身体が良く温められて、代謝アップによる脂肪燃焼にも効果が期待できるでしょう。

モデルさん達の間では前々から話題となっている使い方なので、モデル体型を目指したいという方は真似をしてみてはいかがでしょうか。

他の商品と併用してみる

スキニーレッグの加圧効果が届くのはお腹周りまでですので、ほとんど全身のダイエットに利用可能です。

ただ、魅力的な体型はメリハリが大切なので、ダイエットをしながらバストアップも図っていきたいところでしょう。

そこで、スキニーレッグとバストアップブラを併用することで、出るところは出て、凹むところはスッキリとした、女性らしい体つきを目指すことが可能です。

デスクワークの人は時々ストレッチをしよう

仕事で長い時間座りっぱなしの方は、曲げた背中や体重で圧迫された血管が血行不良となり、体の巡りを悪くしてしまうことがあります。

そんな時は、仕事中に座り位置を少しずつ変えてみたり、時々ストレッチをするなどして、血液を流してあげるようにしましょう。

そうすると、デスクワークでも血行やリンパの流れが損なわれないため、むくみ予防などに非常に役立ってくれます。

効果的に使うために注意する事

痛みや息苦しさを感じる場合は使用しない

加圧レギンスなのである程度の圧迫感はありますが、締め付けによる痛みや息苦しさを感じる場合は、スキニーレッグのサイズが身体に合っていない可能性があります。

そのままだとダイエット効果が得られないばかりか、体調を壊してしまうこともありますので、同品はキチンと身体に合ったものを着用するようにして下さい。

しばらくは継続してみること

スキニーレッグを使用しても、なかなかダイエット効果が見られないという方もおられるとは思います。

しかし、すぐに諦めてしまわずに、数ヶ月程度は様子を見ながら継続するようにしましょう。

口コミなどでも、スキニーレッグの効果を実感されるまでには、平均で2~3ヶ月程度かかったというユーザーが多いようです。

できるだけ毎日使うこと

スキニーレッグは履いている間は、ずっと加圧によるダイエット効果が得られることになるため、毎日コツコツと続けることがダイエットを早く終わらせるコツとなります。

しかし、やはり衛生的に毎日清潔にして使用することが望ましいので、スキニーレッグは替え用として複数枚ストックしておくと良いでしょう。

公式サイトではまとめ買いでお得になるキャンペーンなども行われているので、是非一度公式サイトを覗いてみていただきたいと思います。

規則正しい生活を心がけよう

スキニーレッグのダイエット効果は、血行の改善や筋力の増強などを補助することによる、体の巡り改善から効果が発揮される部分が大きいです。

そのため、過度な食事制限睡眠不足ストレス疲労などは体の巡りを阻害してしまうため、できるだけ規則正しい生活を心がけることも大切です。

お手入れは丁寧に行おう

スキニーレッグは自宅洗濯できるお手軽さも人気の理由の一つですが、いい加減にお手入れをしていると、商品の品質を損なってしまうこともあります。

同品の原材料であるナイロンやポリウレタンは熱に弱いため、アイロンや乾燥機の使用は避けましょう。

また、洗うときは型くずれを防ぐために洗濯ネットに入れ、弱水流で他の下着と同じようにお手入れをしていきましょう。

スキニーレッグの口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする