着圧下着ibzのサイズと選び方のポイント!

着圧下着ibzは独自開発して設計されたアーチ型の補強ラインが入ったショーツで、履くことで骨盤・骨盤底筋を引き締めてくれる効果があります。

骨盤の歪みは気付いた時にはもう遅く、膣のゆるみだけでなく腰痛や膝への負担など生活に支障が出てしまうこともあります。

それを引き締めて正しい位置に戻す効果がibzにはあるので忙しい女性に人気なんです。

着圧下着ibzは2種類のサイズがあるようなのですが、どのようにして決めればいいのでしょうか?

サイズが違えば効果も半減!そうならないように、今回はサイズと選び方などについてまとめました。

ibzのサイズ

ibzには2種類のサイズがあります。

・Mサイズ ヒップ:87cm~95cm

・Lサイズ ヒップ:92cm~100cm

多少伸縮性はありますが、加圧タイツや加圧レギンスと違って下着ですので思ったほど伸びたり圧迫感はありません。

間隔としてはボクサーパンツより少し締め付けがあるかな、くらいです。

デザインにもこだわりました!

矯正下着って見た目が可愛くなかったり、明らかに矯正下着!とバレるものが結構多くありますよね。

ibzは見られても周りの人にバレないようスポーティでシンプルなデザインなので仕事場での着替え、家族と一緒に生活している人も隠して骨盤矯正をすることが出来ます!

上下セットではないので、もしデザインを合わせたい場合には黒のスポーツブラ的なものと合うと思います。

ibzのサイズが合わなかった場合に起こりうる事

サイズが小さかった場合

骨盤の歪みを悪化

サイズの小さいものを無理に着用し続けると引き締め過ぎてしまい骨盤の歪みを更に酷くしてしまう可能性があります。

また、生理によって自然に開いたり閉じたりする期間もあるのに、それを無理に引き締めると月経不順などを引き起こしてしまうこともあるのでとても危険です。

サイズが小さいと感じていなくても生理前後・出産前後は時間をおきましょう。

気持ちが悪くなる

ショーツなので足の付け根~ウエスト部分をしっかりと締め付けてくれるのですが、お腹を圧迫すると気分が悪くなったり内臓の働きを悪くしてしまうことがあります。

着圧下着ibzを履いた時の感覚だけではなく椅子に座った時にお腹への圧迫感がないか確認してください。

もしかしたらきついかも?と思ったら履く時間を短くして様子を見てください。

腫瘍が出来てしまうかも?

着用して圧迫され続けることによって血行が悪くなって足の付け根やデリケードゾーンに老廃物が溜まって腫瘍が出来てしまうこともあります。

ちょっとしたシコリ程度であればいいのですが、そのまま履き続けているとどんどん大きくなり病院で切開してもらう事態に発展してしまうかも・・・。

たかが下着でも体に負担をかけると最悪の事態を招かねませんので「サイズが小さい」場合はとても危険です。

絶対に無理をしないでください。

サイズが大きかった場合

サイズが大きいとせっかく骨盤を包み込むように設計されたアーチ型の矯正ラインが役に立ちません!

引き締めがないと骨盤が引き締められなく、膣を引き締める筋肉:骨盤底筋を引き上げることが出来ないので効果が半減してしまい、ただのショーツになってしまいます。

サイズが小さかった場合と違って危険性があるわけではありませんが、効果を得るのは厳しいと考えた方がいいです。

サイズが合わない場合の返金、返品について

サイズ交換は未使用・未開封に限り受け付けています。※ただし返送にかかるお金は自己負担になります。

実際に着用してからの変更は出来ませんので注意してください。

そして、初期不良(破損、不良品)に関しては無償交換で対応しています。

商品到着後早めにサポートセンターへ連絡を入れてください。

初期不良の場合でも開封したり、使用すると交換不可になってしまう場合がありますのでそのままの状態にしておきましょう。

ibzのサイズ選びのポイントと注意点

ヒップサイズが決め手!

着圧下着ibzはヒップが何cmあるかで分けされていますのでヒップサイズが分かればサイズも分かります。

ヒップサイズは

直立した状態を真横から見た時に一番突き出ている部分

を測ったところです。

う~ん、一人だとちょっとやりにくいかもしれません。

家族や同居人が居れば測ってもらうのが一番だと思います。

メジャーが無くて測れない・・・

測りたいけどメジャーがなくて測れない場合もあると思います。

その場合は普段使っているショーツのタグを見てみましょう。

ショーツには必ずと言っていいほどS・M・Lのサイズとcmが記載されています。

例えばですがMサイズのショーツを普段履いている場合、

M ヒップ87cm~96cm

なんて感じで書いてあります

9cmの差はかなり大きいですがそれを履いていて、

ゆったりしている=おおよそ87cm未満

ゴムがちょっときついかも=おおよそ96cm以上

という風におおよそを判断することが出来ます。

あくまでも目安ですので当てはまらない場合もありますので注意してください。

ibz着圧下着の口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする