シェイプビクトリーで効果を発揮するにはサイズ選びが重要

最近ネットやSNSで「痩せる!」と話題になっているダイエットスパッツ「シェイプビクトリー」。

しかし、そのサイズが適正でないと、きちんとしたダイエット効果が得られない可能性もあるんだとか。

そこで今回は、シェイプビクトリーのサイズについての詳しい解説と、正しいサイズ選びのコツをご紹介していきます!

シェイプビクトリーのサイズが合わなかった場合に起こりうる事

ダイエットが出来ない!?

シェイプビクトリーはその着圧によるマッサージ効果や骨盤矯正効果によってダイエット効果を発揮する商品です。

そのため、きちんとサイズが身体に合っていないと、この着圧効果が正しく得られません。

身体を傷める可能性がある!?

シェイプビクトリーは適応サイズ内の体型の方にはダイエットに繋がる加圧効果を与えてくれますが、サイズがあわないと締め付けがキツすぎて身体を傷めてしまう可能性があります。

また、逆にサイズがブカブカだと、生地が肌とこすれて肌トラブルに繋がる可能性もあります。

動きにくい…

シェイプビクトリーは高い伸縮性を持ち、日中に履いていても身体の動きを妨げる事はありません。

しかし、サイズがキツすぎると関節の動きを抑制してしまうので、身体を傷める事は無くても確実に着心地は悪くなってしまいます。

シェイプビクトリーのサイズ

〈シェイプビクトリーのサイズ〉

M~Lウェスト/64~77cm ヒップ/87~100cm

以上の記述からも判ると思いますが、シェイプビクトリーのサイズはワンサイズ(フリーサイズ)しか販売されていません。

…とは言え、対応する体型の幅が非常に広く、ほとんどの日本人女性に着られるようなサイズ設定になっています。

また、伸縮性が非常に高く良く伸びるので、多少大柄な方であっても問題無く着られると思います。

シェイプビクトリーの口コミ

シェイプビクトリーのサイズ選びのポイントと注意点

シェイプビクトリーはフリーサイズとなっていますので、基本的にはサイズ選びをする必要はありません。

しかし、同品は返品が効かないので、「購入したは良いけど履けなかった…」なんて事が無いように、以下のポイントに注意して購入を行うようにしましょう。

ポイント①サイズは少し大きめの方がフィットしやすい

前述のように、シェイプビクトリーは非常に伸縮性が高いので、スパッツのサイズが少々大きめでも身体にフィットしやすいです。

逆に、体型が適応サイズの上限ギリギリであるほど締め付けが強くなり、シェイプビクトリーを履いている時に窮屈さを感じやすくなります。

そのため、シェイプビクトリーを購入する時は、サイズ上限ギリギリの場合だと合わない場合がある事に注意しておきましょう。

ポイント②痩せた時の事も想定して購入しよう

適応サイズギリギリの体型だと、シェイプビクトリーをキツく感じる場合もあるとは書きましたが、ある程度痩せてくればサイズ感も自然とピッタリとしてくる場合も多いです。

特に、骨盤が矯正されるとポッコリ下腹が解消され、意外と早い内(数日や数週間)にスパッツが身体に合ってきたりもします。

シェイプビクトリーを使い始めたばかりの内は締め付けをキツく感じる事もありますが、身体に痛みなどが無ければそのまま我慢して使用しても構いません。

慣れない間に多少息苦しさを感じるのは仕方ない事なので、体型が改善されていく将来の事も想定してサイズ選びをしていきましょう。

ポイント④下着を履く事も考慮してサイズを検討すること

シェイプビクトリーは下着を履いた上から使用しても、下着を履かずに直接着用してもどちらでも構いません。

ただし、お肌の弱い方などは、シェイプビクトリーを直接履くとお肌がかぶれたり荒れたりする事もあるので、そのような場合は下着を履く事も想定してサイズ選びを行いましょう。

…と言っても、下着一枚でシェイプビクトリーが履けなくなるような事はまずあり得ませんので、これは一応心に留めておいていただけるだけで結構です。

ウエストとヒップのどちらのサイズを優先すべき?

シェイプビクトリーのサイズを検討する際に、「ウエストはピッタリだけどお尻のサイズがちょっと不安かも…」といったお悩みが生まれる事もあると思います。

しかし、基本的にはウエストのサイズに合わせて選んだ方が無難です。

シェイプビクトリーの着圧はウエストから下腹にかけてが最も強く、それによってウエスト部分の伸縮具合は他の部分と比べて小さくなっています。

お尻や太ももの部分はしっかり生地が伸びて身体にフィットしやすいので、サイズ選びに悩んだらとりあえずはウエストに合わせて選ぶ事をオススメします

シェイプビクトリーの口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする