クワトロビートの効果的な使い方とコツ

お腹背中お尻などのインナーマッスルを時短で鍛えることができる本格EMS

中でも注目なのが、マッサージ機器や美容機器を多く手掛けるヤーマンから販売されている”クワトロビート“です。

3D振動で痩身エステのようにお肉を柔らかくし、独自のEMSの効果で深く・広範囲に刺激を与えられるため、効率よくシェイプアップをすることができるといいます。

今回はそんなクワトロビートの基本的な使い方オリジナルの使い方などをご紹介したいと思います。

クワトロビートと相性抜群のダイエット方法効果をアップさせるためのコツも…!?必見ですよ。

クワトロビートの一般的な使い方

まずはクワトロビートの基本的な使い方をチェックしてみましょう!

使い方

STEP1. ベルトを選ぶ

クワトロビートには2本のベルトがあり、使用する部位によってベルトを使い分けていきます。

腕や脚につける場合には短いベルトお腹や背中、お尻につける場合には長いベルトを使用します。

STEP2. パッドを本体に取り付ける

パッドをクワトロビート本体に取り付けます。

本体への取り付け日本語にはパッドの裏側についている4つのスナップボタンを使ってください。

STEP3. 使いたい部位に装着する

ベルトを本体側面のバックルに引っかけ、片側をマジックテープでとめます。

そして、本体を気になる部位にピッタリとつけた後、反対側のマジックテープも固定します。

ズレ落ちたりしないように、やや強めに固定するのがポイントです。

振動のみの場合は服の上からの装着でもOKですが、EMS効果を得たいなら肌に直接つけるようにしましょう。

STEP4. 電源をつける

装着できたら電源をつけて起動(電源ボタン長押し)します。

クワトロビートは充電式ではないので、ケーブルがきちんとついているか確認しましょう。

STEP5. モードや振動、レベルを調節する

モードや振動、レベルを本体のボタンで調節します。

●モードの選択・・・MODEボタンの回数で選択(1回:セルケアモード/2回:引き締めモード/3回:ソフトモード)

●振動の選択・・・SONICボタンを押して振動ありかなしかを選択

●レベルの選択・・・[+]ボタン長押しでレベルアップ、[-]ボタン長押しでレベルダウン

振動がある方がお肉を柔らかく揉み出しつつEMSで深く・広く刺激できるので痩身エステと同じような効果が期待できます。

クワトロビートのEMSは全部で8段階あり好みで強弱を選ぶことができますが、いきなり強くするのは辛いです。

1番弱いレベルからスタートし使用感を確かめながらちょっとずつ強くしていきましょう

STEP6. 時間まで付けたら外す

一定の時間までクワトロビートをつけたら外し、他の部位に使う場合は他の部位に取り付けてSTEP5から繰り返します。

1箇所の部位に使用する時間は10分が目安。連続して使用する場合には30分を目処に一度切り上げるようにしましょう。

立っている姿勢はもちろん、寝ている姿勢でも座っている姿勢でもOKなので、TVを見ながらなどリラックスタイムに使用することができます。

使用後の保管・お手入れ方法

クワトロビートは使い終わったら、電極パッドは付属のフィルムを付けて保管してください。

このフィルムがない場合、ゴミがついたりして粘着力が落ちやすくなりますので気をつけてください。

また、電極パッドは20~30回くらい使用したら粘着力も弱まってきますので、水洗いをしてよく乾かすようにしてください。

使用頻度と使用時間の目安

クワトロビートは毎日使用することができます

ただ、使用時間には限度があり、1度の連続使用では1部位につき10分間他の部位を合わせても30分間を目安に休憩を挟む必要があります。

また、1日のトータルの使用時間にも制限があり、EMSは5時間振動は2時間までが目安になっています。

身体の負担にならないよう、時間を空けて無理なく使うようにしましょう。

クワトロビートの効果的な使い方

クワトロビートの使い方は上記のとおりですが、もっと効果を上げたり快適に使用する方法もあるかも…!?

そんなおすすめの使用方法を3つお教えしたいと思います!

振動が苦手な人は、事前にマッサージして

クワトロビートは、3D振動で凝ったお肉をほぐして燃焼しやすくしてくれます。でも、振動が苦手だという人もいますよね?

そんな場合は、ある程度自分でマッサージしてからEMSだけ(振動なし)で利用するのもおすすめです。

お肉が凝り固まった状態ではEMSは上手く機能しづらくなってしまいますが、EMSを利用する痩身エステのように事前にしっかりマッサージをしておけば深く広範囲に効果を発揮させられます。

通常のマッサージや指圧もよいですが、たまにはマッサージオイルなどを使ってスペシャルなケアをしてみるのもよいかもしれませんよ。

運動と組み合わせるのも◎

クワトロビートは、運動と組み合わせた方がより引き締め効果を感じることができます

「簡単なダイエット機器では飽きてしまう」という人も運動と組み合わせることで「頑張っている」という実感もわき、継続しやすくなりますよ。

運動とクワトロビートを組み合わせる場合、運動後に使用するのがおすすめです。

というのも、運動後に適切に筋肉を刺激することで乳酸を取り除くことができるため、肉体疲労を回復させやすくなり、運動効率があがるといわれているためです。

筋トレの後など、運動をした後のクーリングダウンに使ってみましょう!

食生活や栄養も見直して!

いくらクワトロビートで筋肉を刺激したり運動したりしていても、食べ過ぎてしまえば太りますし、栄養が足らなければ筋肉が思ったようにつかずシェイプアップ効率が落ちてしまうことになります。

特に、タンパク質やミネラル、ビタミンが足りない場合はドカ食いに発展しやすくなりますので要注意です。

そんな筋肉量を増やしたい女性のダイエット中に相性がよいのがソイプロテイン

低糖質高タンパク質ビタミンミネラルなどもたっぷり含まれていることが多く、カロリーを摂り過ぎることなく筋肉を作るのに必要な栄養を摂取することができます。

また、お腹周りが気になる場合は、乳酸菌や食物繊維など便通をよくする食材を合わせてとるのもおすすめです。1ヶ月くらいで想像以上の効果を得ることができますよ。

効果的に使うコツ

最後に、クワトロビートを安全&効果的に使うコツをまとめてみました。

装着は正しく行いましょう!

クワトロビートで注意したいのが、正しく装着するということ。

肌にしっかり密着していなければEMSや振動の効果は発揮できませんし、ピリッとした刺激があったり使用中に位置がずれてしまったりする可能性あります。

正しい装着で重要なのが電極パットの粘着力ですが、20~30回くらいの使用で弱まってしまうので、洗浄したり新しい電極パッドに交換したりとマメにケアする必要がありますので注意しましょう。

連続使用にはくれぐれも注意!

クワトロビートは、毎日使えるEMS。

ただ、身体に負担がかかるため、1つの部位につき10分、全身で30分まで使用してから休憩をとるようにする必要があります。

くれぐれもずっと使いっぱなしにならないように注意してくださいね。

つけたまま寝るのはNG!

クワトロビートは寝る時には外すのが鉄則。

長時間密着しっぱなしだったり締め付けたりということになるため赤みやかゆみなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

就寝時には必ず外してから寝るようにしましょう。

痩身は1日にしてならず!

クワトロビートは1、2回使っただけで効果が得られるようなダイエット機器ではありません

効果が現れる時期や現れ方も人によって様々で、2週間くらいで「効果が現れた」という人もいれば、1ヶ月くらいかかって「やっとお腹が少しすっきりしてきた」という人もいます。

毎日使っていれば徐々に筋肉量もアップするため代謝も増えて痩せやすい身体になってきています。

痩身は1日にしてならず。長い目で見て継続するようにしたいですね。

クワトロビートの口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする