クレンズビーアルファの成分の危険性や副作用について徹底調査!

飲むだけで脂肪細胞を除去し、肥満やリバウンドとは無縁のスリムボディを得られると話題の痩身サプリ「クレンズビーアルファ」。

そのネット広告には「痩せすぎ注意!」などの警告文が、ショッキングな画像と共に紹介されていたりもしますが、同品には本当にそのような副作用があるのでしょうか。

今回は、そんなクレンズビーアルファの安全性について、徹底的に検証していきたいと思います。

クレンズビーアルファの危険性

痩せすぎてしまうことがある?

いきなり結論から言ってしまうと、クレンズビーアルファを飲んで痩せすぎてしまい、ガリガリになったり健康を害してしまうようなことはありません

ネット広告などで「脂肪を溶かす成分」として紹介されているものは、あくまでも体の巡りを高めて代謝量を向上させるものです。

これらの成分が、使用者の健康を害してしまうほど、急激に脂肪を消失させてしまうということは有り得ないため、これによって意図しない程痩せすぎてしまう心配も無いと言えます

血液クレンジングの危険性

血液クレンジングは一旦体から一定量の血液を抜き取り、それをオゾンの酸化力によって浄化し、また体内に戻すことで体調改善ダイエットを図る施術法です。

この「血液を入れ替える」というプロセスは人体に大きな負担を与えることが危惧されており一部の研究者からはその安全性について疑問視されることもあります。

しかし、クレンズビーアルファは血液を抜き取るといった体に負担がかかる施術は一切不要であるため、それに伴う健康被害の心配もありません。

オゾンって有毒じゃないの?

オゾン(O3)は人体に対して有毒であり、高い酸化作用によって細胞の死滅や発ガン性などが確認されています。

ではクレンズビーアルファの方はどうなのかと言うと、実は同サプリの中にはこのオゾンは一切含まれていません

販売メーカーとしては「オゾンダイエットと同じ効果がある」という面を強調するために、広告などでオゾンの名前を挙げているのだと思われます。

ただ、これによって同品に劇毒が含まれていると勘違いされる方もおられることが予想されるため、この辺りは正直ちょっとややこしいかなという印象です。

アレルギーに注意

クレンズビーアルファに使用されている成分は、そのほとんどがオリーブ油やヒハツ、黒しょうがなどの食物由来の成分です。

そのため、薬品のように副作用が発生することはまずありませんが、食物アレルギーをお持ちの方には一定の注意が必要です。

中には特定アレルギー食品目に含まれる、大豆やリンゴなどの成分も使われていますので、必ず成分表示を確認の上でご使用になられることをオススメします

クレンズビーアルファで副作用の報告はある?

現時点において、クレンズビーアルファを使用して副作用などの健康被害が発生した例は全くありません

まあ、サプリメントなどの栄養補助食品には販売するための厳しい基準がありますので、一部ネット上で見られるような副作用の危険性はまず無いでしょう。

クレンズビーアルファに配合されている成分

オリーブ油

我々の食卓でお馴染みのオリーブ油です。

同成分には高い抗酸化作用によるアンチエイジング効果や、血液をサラサラにして体の巡りを助ける働きが確認されています。

ヒハツ

ヒハツはコショウの仲間であり、その性質や風味などもコショウと類似しています。

コショウと同じく血行を高めてくれる効果が期待できる他、近年の研究では傷付いた毛細血管修復を行う働きも報告されています。

植物発酵エキス

様々な野菜や果物、ハーブなどを酵母の力で発酵させたものです。

発酵させることで、素材本来の栄養素を増大できる他、血行や便通などの体の巡りを整えてくれる効果も持ちます。

クレンズビーアルファが安全な理由

有害な成分が含まれていないから

クレンズビーアルファに含まれる成分のほぼ全てが天然由来の食物成分であり、副作用の危険性のある薬品などは配合されていません。

また、合成着色料や合成香料などの化学添加物の類も含まれていませんので、直接体内に摂取するサプリメントとしても、非常に安全性の高い商品だと言えます。

サプリメントだから

サプリメントは所謂医薬品のように、処方に医師の診察が必要となるようなリスクはほぼありません。

サプリメントとはあくまでも食品であり、栄養補助を目的とするものなので、人体に多大な影響を与えることは無く、その効き目についても緩やかです。

これにより、服用によって体に負担がかかることはまず無いため、クレンズビーアルファも副作用などの健康被害が発生する可能性は極めて低いと考えられます。

勘違いしてしまいやすいだけ?

クレンズビーアルファに含まれる成分から見ても、ダイエットや健康・美容効果については嘘は無いと思われますが、問題はその書き方にあるのかなと思います。

例①オゾンの表記について

例えば、同品にはオゾンダイエットと類似の作用には期待できるものの、実際には有毒であるオゾンは配合されていません(というよりもできません)。

対して広告などはオゾンが実際に含まれていると取れるような記載方法であり、この点で購入者の不安を煽ってしまいそうな気がします。

例②痩せすぎ注意の記載にいて

また、同品の成分は脂肪の燃焼を助けてくれますが、これによって必要な脂肪まで落としてしまうようなこともありませ

しかし、広告や商品の紹介サイトには「痩せすぎ危険!」や「取り扱い注意!」などといった記載があるものもあり、こういった部分でも購入者の不安を煽ってしまうのでは無いかと思われます。

ただ、実際は真っ当で安全性の高い成分が使用されたサプリメントですしそのダイエット効果についても医学的に証明されているものばかりです。

初見だと危ない薬と勘違いしてしまいそうな面もありますが、きちんと情報を集めれば、クレンズビーアルファがしっかりとした品質効果を持つ商品であることが分かるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする