クレンズビーアルファの効果的な飲み方

飲むだけで理想のスリムボディを目指せると話題のダイエットサプリ「クレンズビーアルファ」。

しかし、その使い方を間違えてしまうと、十分なダイエット効果が得られないこともあるそうです。

当記事では、そんなクレンズビーアルファを効果的に使うための方法や、ダイエット成功に導くコツについてまとめています。

クレンズビーアルファの一般的な飲み方

クレンズビーアルファは朝と夜の1日2回1粒ずつを水かぬるま湯で毎日服用していきます。

とは言え、タイミングについてはあくまでも目安なので、自分の飲みやすいタイミングに合わせて飲むようにしても問題はありません。

また、同品はサプリメントですので、基本的には他のお薬やサプリとの飲み合わせは気にしなくても大丈夫です。

しかし、一部の血圧や糖尿病の薬などに併用禁忌の成分が使用されているため、持病をお持ちの方などは前もってお医者さんに相談してみると良いでしょう。

クレンズビーアルファの効果的な飲み方

ご飯時に飲むと太りにくくなる

クレンズビーアルファに含まれているデキストリン(食物繊維)には、小腸での吸収を抑制し、血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。

高血糖は身体のエネルギー消費を阻害し、肥満の原因にも繋がるため、食前や食後にクレンズビーアルファを飲むようにすれば、肥満症の予防になります。

また、同品にはビタミンやミネラルなどの体に必要な栄養素を豊富に含まれているので、食生活が偏りがちな方への栄養サポートとしても役立ってくれるでしょう。

運動前に飲むのもオススメ

クレンズビーアルファに含まれるヒハツブラックジンジャーなどの成分は、体の巡りを高めて脂肪燃焼力を高めてくれる働きを持ちます。

この働きにより、同品は運動をしなくてもダイエットが可能な商品となっているのですが、どうせなら運動をできるだけ積極的に取り入れた方が効率は良いです。

特に、筋肉を付けることは基礎代謝量の増加、リバウンドの防止にも繋がりますので、有酸素運動筋トレを併せて取り入れると良いかと思います。

寝る前に飲むと体質改善に役立つ

睡眠中は脳下垂体より多くのホルモンが分泌され、傷付いた細胞や身体組織の修復が活発に行われています。

しかし、加齢やストレスなどによってホルモンの分泌量は徐々に減っていき、これが老化に大きな影響を与えてしまいます。

クレンズビーアルファには体の巡りを整えて、全身に上記のホルモン物質が行き渡りやすくなるとともに、お肌や内臓の修復に必要な成分も豊富に含まれています。

そのため、同品を寝る前に服用すれば、ダイエットだけでなく美容健康にも大きく役立ってくれるでしょう。

効果的に使用するコツ

用途によって飲み方を変えてみる

前述の効果的な飲み方の項でも触れましたが、クレンズビーアルファは飲むタイミングにより、優先されて発揮される効果に大きな違いがあります。

もちろん、どのタイミングで飲んでも、全ての効果は遺憾なく発揮されますが、自分が同品にどのような働きを求めるかにより、個人個人で飲み方を工夫してみましょう。

まあ、クレンズビーアルファはダイエット用途に使用されるのが基本ですので、迷ったらとりあえずに使用してみるのも良いかと思います。

毎日欠かさず飲むこと

クレンズビーアルファは、それ自体に体重減少や脂肪を消す力が有るわけではありません。

あくまでも、体の巡りを助けたり、余分なカロリーの吸収抑えることで、痩せやすい体質づくりをサポートするサプリメントです。

よって、体質が改善され、効果が実感できるまでは、効果が損なわれないように毎日欠かさずに服用していくように心がけましょう。

できるだけ長く続けていこう

ネットの口コミの平均では、クレンズビーアルファを使用し始めて効果を実感できるまでに、2~3ヶ月程度、同品を継続されている方が多いです。

年齢や体質により、体の巡りが低下している方は、更に時間がかかることもあるので、なかなか効果を実感できなくても、少し我慢して継続していくようにしましょう。

ちなみに、同品を服用して体がポカポカしてくると、それが脂肪が燃焼しているサインとなります。

過剰摂取に注意!

例えばクレンズビーアルファを大量に服用したとしても、そのほとんどの成分は体に吸収されず、不要な量は体外に排出されてしまいます。

また、体外に排出されずに残ったものも、成分の過剰摂取により健康に悪影響を与えてしまう危険性もあります。

これではダイエットにも悪影響が及んでしまいますので、クレンズビーアルファは必ず用法・用量を守って正しく使用していきましょう。

食事制限は不要

クレンズビーアルファは食事からのカロリー吸収を抑制したり、吸収されたカロリーについても体の巡りを高めることで効率的に消費させることが可能です。

むしろ、過度な食事制限によって代謝に必要な栄養素が足りなくなることもあり、ダイエットに成功してもリバウンドをするリスクが高まってしまいます。

まあ、食べ過ぎない程度の努力は大切ですが、あまり激しい食事制限は行わず、マイペースでダイエットを行っていくことを意識すると良いかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする