ファイブシェイパーの効果的な飲み方

毎日飲み続けるだけで、ごく短い期間で理想の体験を目指せると人気のダイエットサプリ「ファイブシェイパー」。

でも、何も考えずにただ飲むだけでは、その効果を最大限に引き出せないこともあるんです。

当記事では、そんなファイブシェイパーの正しい使い方や、最大限に効果を引き出すコツなどについて分かりやすくまとめていきたいと思います!

ファイブシェイパーの一般的な飲み方

ファイブシェイパーは1日1粒を目安に、水やぬるま湯で服用します。

同品は栄養補助食品ですので、医療薬のように決まった時間、決まったタイミングに飲まなければいけないということは有りません。

ファイブシェイパーは飲み忘れなどの無いように、毎日続けやすいタイミングで飲むようにすると良いでしょう。

ファイブシェイパーの効果的な飲み方


寝る前に飲むと翌日スッキリ!

ファイブシェイパーには、キャンドルブッシュ食物繊維などの腸内環境を高める成分や、ブラックジンジャーなどの血行を整える成分が配合されています。

これらの成分を夜寝る前や夕食の後に摂ることで、寝ている間に身体を休めつつ体の巡りを整えられるため、翌朝スッキリとした気持ちで目覚められるでしょう。

浮腫や便秘などでお悩みの方は、是非ともこのタイミングでファイブシェイパーを服用してみて下さい。

運動前に飲むと脂肪燃焼効率アップ!

ファイブシェイパーに配合されているブラックジンジャー金時しょうがなどの成分は、血行を高める働きを持っています。

そして血行が高まると体温が上昇し、冷え固まった脂肪が溶けて消費されやすくなります。

この効果により、ファイブシェイパーを運動前に飲むことで、使用者を少しの運動で多くのカロリーを消費できる痩せやすい体質に改善することが可能です。

さらに、筋肉量を増やすことでより基礎代謝量を増加させることもできるため、普段から体を動かす機会が多い方にオススメの飲み方です。

食後に飲むとカロリーをカットできる!

ファイブシェイパーに含まれるセルロースギムネマなどの成分には、食事から得られる糖質脂質の吸収を緩やかにする作用があります

この働きによって食事制限無しでもダイエットが可能なので、ダイエット中でも好きな物を食べたいという方にオススメの使用法です。

朝出かける前に飲むのがベスト

朝起きた時はまだ体が目覚めておらず、体の巡りが悪くなっていたり、朝食のカロリーを上手くエネルギーに変えられない状態であることが多いです。

また、出勤時間は移動などで体を動かす機会が多く、これを何もしないで放っておくのは非常に勿体ないです。

朝ごはんを食べてお出かけする前にファイブシェイパーを飲めば、これらのダイエットの無駄を解消でき、効率的に痩身効果が得られます。

前述のように、一々飲むタイミングを図るのが面倒だという方は、ファイブシェイパーをお出かけ前の習慣にしてみては如何でしょうか。

筋トレが超有効!

ファイブシェイパーには、体の巡りを整える成分が豊富に含まれており、脂肪燃焼効率アップ浮腫改善など、血行リンパの流れに関わる効果に期待が高いサプリです。

ただ、これはあくまでも栄養面で体の働きをサポートするものであり、その効果を持続させたいのであれば、「筋肉すなわち血液を巡らせるポンプ機能を高めることが重要となります

特に下半身の筋肉を鍛えることで、下半身に溜まった老廃物を排出でき、ファイブシェイパーによる脚やせなどの部分痩せ、並びに全身のダイエットにも大きな効果が期待持てます。

効果的に使用するコツ

毎日飲み続けること

ネット広告などでは、ファイブシェイパーを使い1ヶ月で10キロも20キロも痩せたという記載もありますが、このように短期間で大きな効果を得られる方は非常に稀です。

通常は「体質改善」「効果の発現」「結果がでる」というプロセスに2~3ヶ月かかることも多いと思われます。

ともあれ、ファイブシェイパーはある程度続けて使用することが望ましいため、できるだけ飲み忘れなどの無いように、毎日欠かさず継続していくことが大切です。

あまりに長く飲み続けないこと

ファイブシェイパーに含まれるデトックス成分(キャンドルブッシュ)には、軽い下剤作用があります。

同品のキャンドルブッシュの配合量はそこまで多くないものの、長く飲み続けると下痢などの症状がでやすくなることもあるようです。

体調が崩れれば代謝が下がり、ダイエットにも悪影響を及ぼしてしまう可能性があるため、くれぐれも飲みすぎには注意が必要です。

ファイブシェイパーを含むキャンドルブッシュが配合されたサプリは、1~2ヶ月使用したら数週間休止を挟むなど、体調を見ながら使用していくことを心がけましょう。

摂生も大事

ファイブシェイパーは、飲むだけで痩せられるのが魅力の一つではありますが、だからといって全く運動食事制限が不要という訳ではありません

同品で体への吸収を抑えられるのは糖質と脂質に限られますし、全く運動をしなければカロリーを消費するチャンスも少なくなってしまいます。

これではダイエット効率も良くありませんので、食べ過ぎに注意する、近い距離なら歩くなどの、多少の摂生はいつも心がけるようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする