モリモリスリムの成分はどんな働きをするの?

ただお茶を飲むだけで便秘が治ったり、浮腫や脂肪が無くなってスリムになれると話題の「モリモリスリム」。

でも、何故ただのお茶でそんなスッキリ効果が得られるのでしょうか。

その理由は、モリモリスリムに配合されている数々の美容健康成分の働きにあったのです!

モリモリスリムに配合されている成分

モリモリスリムには、プーアル茶や玄米茶、ほうじ茶などのお茶類の他に、以下のようなスッキリ成分が豊富に配合されています。

ゴールデンキャンドル

キャンドルブッシュセンナなどとも呼ばれる、インドやインドネシアを原産とするマメ科の植物です。

現地では生薬として利用されていますが、日本ではデトックスティーやダイエットサプリのポピュラーな材料となっています。

ゴールデンキャンドルはビタミンミネラルポリフェノールを多く含み、美容や健康維持に役立ってくれる他、お通じを良くする高いデトックス効果にも期待できます。

コレウスフォルスコリ

インドやネパールを原産とするシソ科の植物で、現地では胃腸の調子を整えたり、便秘改善のお薬として利用されています。

また、近年では脂肪を燃やす力を高めてくれるという研究報告も成されており、こちらもダイエットサプリの成分として有名です。

スピルリナ

クロレラと同じ微細藻類の仲間で、クロレラと比較してβカロチンの含有量が非常に多いことが特徴です。

このβカロチンの働きにより、スピルリナは強い抗酸化力を持ち合わせており、アンチエイジング体の巡り改善への有効性が極めて高いとされています。

ガルシニア

ガルシニアカンボジアというオトギリソウ科の果実由来の抽出物で、ダイエット効果の高いヒドロキシクエン酸という成分を含んでいます。

そのヒドロキシクエン酸には、脂肪蓄積抑えると共に、今ある脂肪の分解を促す作用が認められています。

また、食欲を抑える効果もあることが証明されており、ダイエット中のカロリー制限などに非常に役立つ成分です。

モリモリスリムの効果

脂肪の蓄積を抑える

モリモリスリムに含まれるガルシニアには、脂肪の分解を促進して蓄積を妨げる作用があります。

食事から摂られた糖質(炭水化物)は、体内のクエン酸によって脂肪として合成されるのですが、ガルシニアに含まれる酵素がこのクエン酸と似た構造を持っています。

ガルシニアと摂取すると、糖質とガルシニアの酵素が結びつくため、クエン酸による脂肪の合成が行われにくくなるため、脂肪の蓄積を阻害できるという訳です。

過食の予防

モリモリスリムを食前や食後に飲んでおくと、前述のガルシニアの働きによってクエン酸と糖質が結びつくのを妨げます。

そうすると体内でクエン酸が余った状態になるのですが、この状態ではグリコーゲンという血糖値の安定化に必要な物質の体内生成量が増大します。

血糖値が上昇すると、糖質が体内に吸収されやすくなってしまいますが、低下し過ぎると空腹感に繋がるため、モリモリスリムを飲めば食欲の抑制にも繋がるのです。

脂肪燃焼効率アップ

キャンドルブッシュなどの成分により体の巡りが高まると、基礎代謝量が増えてカロリーを効率的に消費することができるようになります。

更に、ガルシニアの食欲を抑える効果により、自然と摂取カロリーも抑えることができるので、ダイエット効率を飛躍的に高めることが可能です。

便秘改善

キャンドルブッシュには、下剤成分として医薬品にも利用されるセンノシドという成分が含まれています。

このセンノシドの働きにより、頑固な便秘を解消することが可能なのですが、モリモリスリムに含まれるセンノシドの量は極めて微量です。

しかしながら、フォルスコリなどのサポート成分の働きによって便秘解消の効力は損なわず、体に負担をかけずにお通じを改善することが可能となっています。

浮腫の解消

前項にてご紹介した全て成分には、血行やリンパの流れなどの体の巡りを高める作用が備わっています。

また、キャンドルブッシュの便秘解消効果や、フォルスコリの胃腸の働きを高める効果も、体の中から巡りを改善することに役立ちます。

これらの効果によって、体内に残留した老廃物排出されるため、その老廃物による悪症状である浮腫なども自然と改善されていくでしょう。

アンチエイジング

モリモリスリムにはポリフェノールビタミンなどの成分も配合されているため、その抗酸化作用によって細胞の酸化を防ぐことができます。

お肌の細胞が酸化すれば、シワやシミなどの年齢肌トラブルの原因になりますし、内臓や血管の酸化によって体の巡りが損なわれてしまうことにも繋がります。

モリモリスリムはこの細胞の酸化=老化の予防にも役立つため、美容や健康維持にも非常に有効性が高いと言えるのです。

安全に最安値で購入できました!

モリモリスリムの公式サイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする