ビセラの成分の危険性や副作用について徹底調査!

ビセラの危険性について検証していきます!

現在ネットやSNSでは、テレビや雑誌で話題の短鎖脂肪酸を配合した「ビセラ(BISERA)」というサプリメントが大人気となっています。

しかし、ビセラには普段聞き慣れないような成分も沢山含まれていて、その安全性については不透明な部分も多いです。

そこで今回は、そんなビセラに配合されている成分について徹底的に調査をし、その危険性やデメリットを明らかにしていきたいと思います!

ビセラの危険性

ビセラを飲んで副作用が出たイメージ

お腹が緩くなることがある

そもそもビセラは便秘を解消する働きのあるサプリメントなのですが、稀に正常なお通じではなく、下痢腹痛が起きてしまうケースもあるんだとか。

この原因としては、ビセラに含まれている有効成分が及ぼす好転反応によるものが考えられます。

好転反応とは

好転反応とは、腸で言えば停滞している腸の働きが急に改善されることで、一時的に便が緩くなったり、排便時に腹痛などの症状が現れることを言います。

いずれにしても、好転反応は身体の正常な反応であり、症状もビセラを続けていくうちに自然と解消されていくものです。

そのため、ビセラを用法・用量を守って使用している上では、特に健康上の問題はありません。

アレルギーには注意が必要

サプリメントなどの健康食品を服用する時には、食物アレルギーなどの体質上の問題に掛からないか注意して使用しなければいけません。

ビセラには大豆乳成分も含まれているため、これらの成分にアレルギーをお持ちの方は、同品を使用できない場合もあるようです。

過剰摂取は危険?

サプリメントなどを使用する時に気になるのが、成分の過剰摂取による健康への悪影響です。

例えば、体に良いと言われるビタミンやミネラルなども、人体への摂取目安量を超えてしまえば、病気の原因となってしまうこともあります。

しかし、乳酸菌には摂取目安量などの制限は無く、過剰摂取をしてもそのほとんどは便として体外に排出されるため、過剰摂取による副作用などはほぼ起こりません。

とは言え、多く飲んだものは無駄になってしまうということでもありますので、ビセラもきちんと用量は守り、無駄なく活用していきたいものです。

ビセラで副作用の報告はある?

ビセラの悪い噂に耳を澄ませる女性

ネット掲示板などでは、ビセラを飲んでお腹が緩くなったという口コミが時折見られます。

しかし、これは前述の好転反応によるものであり、副作用と呼べるような重篤な健康被害の報告はありません

ビセラは無理やり排便を促したり、身体に負担が掛かるような痩身成分は含まれていないので、どんな人でも安心してお使いいただけるでしょう。

ビセラに配合されている成分

ビセラの中身

短鎖脂肪酸

短鎖脂肪酸は人体の生体調節機能を果たす成分であり、腸内においては悪玉菌が出す酵素の働きを抑制し、腸内環境を正常に保つ効果を持ちます。

また、ダイエット面においては、脂肪の蓄積を抑える効果とエネルギー代謝を助ける効果を持ちます。

なお、短鎖脂肪酸は腸内細菌(善玉菌)の働きによって作られるもので、我々人間の体内に元々存在している安全性の高い成分です。

乳酸菌

ビセラには以下の3つを含む32種の乳酸菌が配合されており、どのような体質の方にでも一定の効果が期待できるように設計されています。

ラクリス菌

に強く、製造過程で加熱処理が必要なサプリメントにピッタリの乳酸菌です。

ラクリス菌は長く腸内に留まるので、より効率的に腸内環境の改善と痩身効果を発揮できます。

EC-12菌

ヨーグルトなどに含まれる一般的な乳酸菌の1/5ほどの大きさの乳酸菌で、腸内に沢山存在できるため、こちらも作用効率の高い乳酸菌です。

同成分はヒト由来の善玉菌であり、人体との適合性が高いのも大きな特長です。

ナノ乳酸菌

粒子の大きさがわずか1ミクロンという微細な乳酸菌で、他の乳酸菌と比べ、極めて体内吸収効率に優れた乳酸菌です。

体質や病気の改善には粒子の細かい乳酸菌が効果的であるとされ、ナノ乳酸菌はダイエット目的だけでなく、健康維持美容にも高い効果を持ちます。

ビセラが安全な理由

ビセラのパッケージ画像

余計な物が入っていないから

ビセラにはサプリメントの安定剤やカプセルの増粘剤などとして、ステアリン酸カルシウムゲランガムなどの添加物が含まれています。

しかし、これらは医薬品などにも使用される食品添加物であり、副作用は確認されていません。

尚且つ、ビセラの主成分である乳酸菌や短鎖脂肪酸にも副作用はほぼ無いため、ビセラは極めて安全性の高いサプリメントであると言えます。

安全管理がしっかりしているから

ビセラは法令によって定められた品質基準である、GMP認定の国内工場で生産されています。

GMPは世界的にも基準の厳しい日本国内において、最高ランクの品質安全基準なので、ビセラについても食の安全性はしっかりと守られています。

お薬では無いから

ビセラはお薬では無くサプリメントであり、日常で足りない栄養素を補う目的の商品です。

そのため、効果の出方も緩やかで、身体に大きな負担を掛けてしまったり、他のサプリメントとの飲み合わせなどを気にする必要はありません。

ただし、効果が緩やかな分、ビセラは毎日継続していくことが大切なので、正しい使用法をキチンと確認し、できるだけ効果的かつ安全に活用していきたいところです。

安全に最安値で購入できました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする