ビセラの効果的な飲み方

ビセラの効果的な飲み方をご紹介していきます!

毎日続けてのんでいくだけで、つらいダイエットを徹底サポートしてくれるサプリメント「ビセラ(BISERA)」。

でも、間違った飲み方をしてしまうと、その効果を十分に引き出せないこともあるんだとか。

そこで今回は、そんなビセラの正しい飲み方や使用上の注意点について、分かり易くまとめていきたいと思います。

ビセラの一般的な飲み方

ビセラを飲もうとしているところ

ビセラは1日1粒を目安に、水かぬるま湯で服用していきます。

同品はお薬ではありませんので、飲み方や飲むタイミングなどに特に決まりは無く、基本的には自分の続けやすい飲み方をしていただければOKです。

慣れてない間は飲み忘れなどもしやすいので、初めは食後などの決まった時間に服用するようにし、まずはビセラを習慣づけることから始めてみるのも良いかと思います。

ビセラのさらに効果的を得る飲み方

ビセラを持っているところ

夜飲むのがオススメ!

人体の自律神経の働きにおいて、昼起きている時は交感神経が、夜寝ている時には副交感神経の働きがそれぞれ亢進されます。

腸の働き(蠕動)は副交感神経が優位になるほど高まるので、腸内フローラを改善する効果のあるビセラも、このタイミングに合わせて飲めば効果的に使用できます。

もちろん、いつ飲んでも問題はありませんが、飲み忘れ防止と睡眠中に効果を発揮しやすい性質から考えると、ビセラは夕食後に飲むのがベストです。

腸のマッサージをしてみよう

ビセラは腸内環境を改善することでダイエット効果をもたらすサプリメントなので、運動などで腸を刺激して、腸の蠕動運動を活発化させるのも効果的です。

ただ、仕事や家事で運動をする時間が取れないという方も居られると思いますので、そんな方には腸のマッサージもオススメです。

腸のマッサージといっても、もちろん腸を直接揉む訳ではなくお腹をマッサージするだけなので、初めての方でも簡単に実践できると思います。

ポッコリ下腹改善!簡単腸マッサージ

やり方としては、肋骨の下側腰骨の内側の柔らかい部分を、手のひらを使って揉みしだくようにマッサージしていくだけでOKです。

食後直ぐは腸に負担が掛かってしまうので、食後1時間以上経ってから、1回3分を目安に1日1~2回ずつ実践していきましょう。

ここを皮膚の上から直接刺激することで、排便を促し腸の働きを活性化させ、ポッコリ下腹の改善や脂肪燃焼力のアップに繋がってくれるそうです。

ぬるま湯で飲もう

冷たい飲み物や食べ物を飲食すると、身体が冷えて内臓の働きや脂肪燃焼力が低下してしまう恐れがあります。

そのためビセラを飲む時も、冷たいお水よりぬるま湯で服用した方が、ダイエット効率をよりスムーズに高めていくことが可能です。

また、サプリを服用する時以外にも、ホットドリンクなどで身体を温めるように心がければ、より体の巡り脂肪燃焼力を向上させていくことができるでしょう。

正しく飲んだ結果

ビセラを飲んで凹んだお腹

お通じが良くなった

私は夜寝る前にビセラを飲んでいるのですが、以前は下剤で無理やり出していたような頑固な便秘が、最近ではかなり改善されてきたように感じます。

私の場合は便秘が改善されるまで3日くらいかかりましたが、早い人だとビセラを飲んだ翌朝には、この効果を実感できることも多いそうです。

ビセラはあくまでも腸の働きを活発にし、自然な排便を促す物なので、下剤のような副作用が無いのも良かったと思います。

脂肪が落ちた

ビセラを使い始めて1ヶ月ほど経つと、便秘が解消されて体の巡りが良くなってきたのか、体の冷えなども感じにくくなりました。

体温が上がると脂肪も消費されやすくなるので、ダイエット効果についてもこの時期から少しずつ実感でき始めた気がします。

私は特別な運動などはしていないので、目標体重に届くまでには少し時間がかかりましたが、それでも“ただ飲むだけ”で、わずか3ヶ月6kgの減量に成功できました。

下腹が凹んだ

前述のように、ビセラを毎日欠かさずに服用したとしても、脂肪が落ちたりといった本格的なダイエット効果が出るまでは時間がかかります

しかし、ビセラを飲んで便秘が改善されるだけで、数日数週間程度の期間でも、ポッコリ下腹なんかは十分解決できるのではないかと思います。

なお私の場合も、ビセラを飲み始めてからはコンスタントにお通じがあるお陰か、ベルト穴1つ分程度下腹がスッキリしました。

要注意!このような使用方法はダメ!

ビセラの使い方を間違えてしまった女性

飲み忘れちゃダメ!

ビセラには下剤のような即効性はありませんが、その代わりに根本的な腸機能の改善や、ダイエット効率の向上が図れる商品です。

その効果は毎日コツコツ続けることで発揮されるものなので、飲み忘れなどがあれば、その分効果の実際が遅れてしまうことになります。

ビセラはとにかく続けることが大切なので、まずは同品を毎日飲むことを習慣づけることから始め、それから効果的な使用法について考えていくのが良いかと思います。

ご飯を抜いちゃダメ!

胃腸は食べ物を消化する時に活発に活動するので、ご飯をきちんと食べないと胃腸の動きも悪くなりますし、脂肪を燃やすにもある程度のエネルギーが必要です。

食事のバランスが偏ると、体の巡り脂肪燃焼力の低下にも繋がってしまうため、ダイエット中の過度な食事制限は寧ろダイエット効率を損ねてしまう原因にもってしまうのです。

そのため、ビセラを使用する際にも食事はバランス良く食べるようにし、食べ過ぎや間食を避ける程度の食事制限に抑えることをオススメします。

過剰摂取は絶対ダメ!

ビセラには、腸内フローラをサポートする乳酸菌短鎖脂肪酸などの成分が含まれており、これがお通じの改善や肥満解消に効果を発揮してくれます。

ただ、これらの成分は必要量以上に摂取しても、そのほとんどは体外に排出されてしまうため、ビセラを一度に沢山飲んでも効果が高まるようなことはありません。

中には乳酸菌の過剰摂取によってお腹が緩くなる方も居られるため、ビセラは必ず用法・用量を厳守し、正しく効果的に活用していくことを心がけましょう。

安全に最安値で購入できました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする