ディスコダイエットサプリの成分の危険性や副作用について徹底調査!

ディスコの危険性を明らかにしていきます!

ただ飲むだけで細胞レベルで太らない身体づくりができると話題のダイエットサプリ「DISCOダイエットサプリ(ディスコ)」。

一部のネット記事では「痩せすぎてしまう!?」なんて気になる言葉も見られるようで、サプリとしての安全性は少し気になるところです。

そこで今回は、そんなディスコダイエットサプリの危険性や副作用について、その成分などから徹底検証してみたいと思います。

ディスコの危険性

ディスコ公式サイトの注意書き

痩せすぎてしまう?

ネット上では、ディスコを使用すると痩せすぎてしまい、健康に悪影響を与えてしまうといった情報が幾つか散見されます。

しかし、同品はコレウスフォルスコリクラチャイダムなどの生薬で作られたサプリなので、いくら服用しても痩せすぎてしまうようなことはありません

一部ネット広告などにも「痩せすぎ注意!」などという記載があるものも存在しますが、実際にそのような危険性は無いため、安心してお使いいただければと思います。

アレルギーに注意

ディスコは食品(サプリメント)ですので、同品に含まれる成分にアレルギーがある方は使用できません。

そのため、食品アレルギーをお持ちの方は、必ず使用前にディスコの原材料名表示を確認してから服用するようにして下さい。

お腹が緩くなることがある

ディスコには代謝の向上お通じの改善に期待できる生薬も配合されており、これによって老廃物のデトックスを図ることができます。

ただし、この作用が強く出るとお腹が緩くなってしまうことがあるので、一度にあまり多くの量を服用することはオススメできません。

体質によってはお腹が緩くなりやすい人などもおられるため、初めてディスコを使用される場合は、少量ずつの服用からスタートしてみるのも良いかと思います。

ディスコで副作用の報告はある?

ディスコの中身

これまでに、ディスコによって健康に重大な悪影響が発生したという報告はありません

実際に、レビューサイトやSNSなどにも副作用についての口コミの投稿は無く、どのような方でもディスコを安心して使用できているようです。

とは言え、やはり定められた用法・用量を守らない場合はこの限りではありませんので、ディスコは必ず正しい使用法で服用していきたいところです。

ディスコに配合されている成分

ディスコに配合されているコレウスフォルスコリ

コレウスフォルスコリ

インドやネパールなどを原産とするシソ科の植物で、現地では古くから高血圧予防便秘の改善に利用されていた伝統的なハーブです。

近年ではダイエット効果があることが解明され、脂肪の分解を促進したり、糖質(炭水化物)が脂肪に変わるのを抑制してくれるという効果が期待できるとされています。

クラチャイダム

いわゆる黒ショウガのことで、通常のショウガと同じく体の巡りを高め、脂肪の燃焼を促してくれる効果があります。

また、クラチャイダムにはミネラルポリフェノールアミノ酸などが豊富に含まれており、疲労回復筋力増強などといったダイエットサポート効果にも期待できます。

バイオペリン

黒コショウに含まれる辛味成分を抽出した成分で、身体を温めて血流を促進し、基礎代謝を高める作用があります。

基礎代謝が高まることで、少しの運動でも多くのカロリーを消費できるようになる、所謂“痩せ体質”を目指すことが可能です。

クロロゲン酸

コーヒー豆に含まれるポリフェノールの一種であり、ダイエットアンチエイジング生活習慣病の予防など様々な効能を持っています。

ダイエットにおいては、食事から摂取された糖質を分解する酵素の働きを妨げる作用があり、食べた物が脂肪に変わるのを抑制してくれます。

また、既に身体に付いている脂肪についても燃焼を促してくれるので、あまり食事に気を使わなくても、太りにくい体質づくりに役立ってくれます。

ディスコが安全な理由

ディスコをオススメする女性

安全な成分で作られているから

ディスコに配合されている主成分は、その全てが天然由来の生薬やハーブなので、非常に身体に優しく副作用などもほとんどありません。

医薬品のように強烈な効き目や刺激などは無く、その効果は比較的緩やかに発揮されていきます。

外科手術による脂肪吸引や脂肪融解注射のような即効性はありませんが、その代わり健康に対するリスクがほぼ無いのが大きなメリットと言えます。

食事制限などが不要だから

早く痩せたいと思うばかりに無理な食事制限をしてしまい、体調を崩してしまったり、ストレスが溜まってしまったという経験がある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ディスコは飲むだけで痩せやすい体質づくりが行えるので、基本的に厳しい食事制限は必要ありません

ディスコを飲めば、消費カロリーを増やしつつ摂取カロリーは減らすことができるため、運動や食事に無理に気を使わなくても、大きなダイエット効果を実感しやすいです。

危険な添加物は含まれていない

ディスコに配合されている添加物は、デキストリンセルロース微粒酸化ケイ素といった、医薬品にも使用されているような食品添加物のみとなっています。

これらの添加物には、目立った副作用などは確認されていませんので、ディスコは食の安全性についてもしっかりと確保されていると言えます。

安全に最安値で購入できました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする